So-net無料ブログ作成
検索選択

夢の二つ目~財源確保への取り組み~ [政策づくり]

 前に書いた『石炭火力発電所』だってそうなのです。現在の東電横の空き地に、降ってわいたような計画が飛び込んできたわけです。

 しかし、政府は30年までに温暖化ガス排出量を13年比26%減らす目標を掲げているわけですから、必ず政府、原子力ムラから圧力がかかるだろうな…と思っていたら、すぐその通りになった。それが下記の規制量の全国的割合です。(クリックすると大きくなります)

sekitannkaryoku.PNG


 でも黙っている手はない。そのことを仲間に話したら早速調べてくれた結果にびっくり、
第一に税収試算年間32億円
第二に高能率の燃焼で技術で公害問題の心配はまずない。
第三に関東首都圏の石炭火力割合は18%で規制の50%までには余裕あり(上図)

 地元首長として、黙って手をこまねいているわけにはいかん・・こいつが来ただけで、財源不足の58億の56%見通しがついてしまう。行政サービスの復活簡単・・・
地元としてのあらゆる手を使っての誘致運動を展開する・・・夢二つ目への挑戦だ。
(続く)


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。