So-net無料ブログ作成

7本の柱~その3~ [政策づくり]

6、農業問題は最重要課題

 農業問題でいつも考えることがあります。袖ケ浦市には1076戸の農家の方々がいらっしゃいます。農業統計を見ると、1ha規模の農家から、10ha以上の農家まで分類されています。しかし1076戸の農家の内、10ha以上の農家は、数戸しかいません。政府は、海外農産物に対抗ということで、とにかく大型化を進めようとしていますが、規模がけた違いなのです。南米に行くと、一軒の農家が300haから500 ha規模の農家が、ざらにいるのです。
見渡す限りの大豆畑…そういう風景なのです。

 今袖ケ浦で10ha以上の水田農家の実態が朝日新聞に掲載されていました。
水田10町歩(9,9ha)で収入800万円・・というのですから、耕作放棄したくなる気持ちもわかります。

 地元の農業を大事にするには、国の方針にただ従っているだけでは、つぶされます。
TPPだってそうです。米国の言うがままの譲歩、譲歩の内容です。
 
 私はまず「農業再生会議」を立ち上げ、地元の農家を保障する施策がないのか、皆さんの声に耳を傾けます。農業委員会が「建議書」を提出しました。内容はもっともな2点です。
① 学校給食の野菜供給39%の現状から、もっとその率を高めること
② 「ゆりの里」の経営体制の見直し
 身近なこれらの課題に取り組んでいきたいと思います。

7、平和・自立のまち袖ケ浦
 千葉市が「指定廃棄物」(高濃度放射能汚染物)の処分場設置に反対の意思を表明しました。私は、千葉市、市原市と連携し、反対の意思を明らかにします。県や国に対し、市民の安全を保障する事項について、自治体としての自立した発言を明確にします。

 さあ、告示の日が近づいてきました。市民の皆さんに全力で訴える一週間にしたいと決意しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。