So-net無料ブログ作成

一般質問 [議会]

IMG_2001.JPG
広域農道沿いのコスモス(三ツ作)
広域農道に電柱やガードレールが無かったら,すばらしい景観が生まれます。

 9月の一般質問
①袖ヶ浦市都市マスタープランについて
②商工経済農林振興について
③国民体育大会千葉国体について
の大綱3点、項目7点について一般質問を行いました。
 袖ヶ浦市都市マスタープランについては、概ね20年後の都市の「将来像」とその実現のための「まちづくりの方針」を明らかにするものとして策定されるものです。計画策定から10年を経過しているので、都市マスタープランも見直しをします。
1.全体構想、2地域別構想、3計画実現のしくみに分別され、将来都市像、地域別構想について質問を行いました。将来人口64,000人、現在人口61,000人、計画されている袖ヶ浦駅北側土地区画整理事業の3,000人を加えただけの将来人口に思えるのです。少子高齢化が進み、袖ヶ浦市内の根形(調整地区)、平川地域では人口は確実に減少していきます。将来を見据え、市が活性化される計画が必要ではないでしょうか。横田地区は副次核から地域生活拠点へ変更になりました。
景観の保全と地の利を活かした10万人都市をめざし、活気のある街づくりを進めるべきではないでしょうか。住む人々も住みたいと思う人々にも、ともに夢を与えられる街であってほしいと思います。
 商工経済農林振興については、今、地元の中小企業に元気がありません。商工会の会員は減っていますし、仕事が少ないのです。市が発注する物品、工事等については、現在の経済状況ですので、市内業者を優先するように提言しました。
 国民体育大会千葉国体については、来年、当市がメイン会場となる軟式野球開催の経済効果等について質問しました。
 住むことが誇りに思える街づくりに努力していきます。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
 

新型インフルエンザについて [雑記帳]

IMG_2012.JPG
東京會舘で開催された新型インフルエンザ対策の講習会に参加

新型インフルエンザの罹患率想定値は
09年ー2550万人(20%).....日本経済新聞8月29日より
と流行のシナリオがでています。市内の学校では休校する所もあります。
現在はH1N1型ですが、H5N1型ですと強毒性ー致死率が高いー感染力が
ー高いになります。三層の防衛が必要であるとのことです。
 ①個人レベル
 ②業者レベル
 ③医療行政レベル
①個人レベルでは  物体防衛
 手洗いの徹底,有症状者の早期発見、家族の発病者チェック,感染機会の
 低減、ウイルス進入経路の遮断
②業者レベルでは  空間防衛
 換気によるウイルスの希釈、空間除菌
③医療行政レベルでは 体内防衛
 うがい鼻あらいの励行、HA阻害(ワクチン)、NA阻害(タミフル、リレンザ)
 であり。
H5NⅠ型の場合はより強毒性とのことです。個人だけでなく全体で危機感をもって
取組まないといけないと思います。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。